PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

箱買い?

近所の整形外科で診断を受けたあと、「炎症が治まるように飲み薬を出しますね。朝ご飯のときに一錠を10日間飲んでください」とドクターM。

病院を出てすぐ近くの薬局へ。
処方箋を渡すとすぐに出てきました。薬剤師さん「朝ご飯のときに一錠を10日間飲んでください」とドクターと同じことを繰り返しながら、箱に「1 morning 10 days.」とボールペンで記入(頼んでないのに英語で書いてくれた)。

 "箱記入"はどこの薬局も同じやなぁ~

SISカードは持っていますか?」「はい、持っています。」 保険が利いたので9.07ユーロの定価が2.57ユーロに♪ 病院の診察料もこうやったら良いのに。病院では全額払って、領収書を保険会社に送らないと保険分の金額が戻ってこないのですよ。。。(しかも、私が掛かった病院がどこもたまたまそうだったのか?、カード払いが無く現金払いのみ。けっこうな金額を持っていかないといけません

家に着いてから、薬の箱を開けてみました。「・・・・・
日本だったらお医者さんが「一日1錠10日分」と処方したら、薬局で渡される薬は「10錠」だけだと思うんです。でも箱の中にはぎっしり60錠。処方された量の6倍

病院に掛かる度に「薬=箱買い」してたら余った薬だらけになっちゃうんじゃないかしら。。。

| | 12:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。