PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出来る事はないけど…

休暇だった1週間ぶりにフランス語教室に行った…ら、一斉に取り囲まれました。
「U子、大丈夫? ご家族は?」

こうなることは予想していたのでかなり気合を入れて(厚化粧&直せなかった寝癖…って何のために!?)出掛けました。何を聞かれても答えられるように、何を言われてもきちんと話せるように…。

でも、結局「私は大丈夫。家族も友達も大丈夫」と言うのが精一杯でした。「心配してくれてありがとう」と。

被災地から遠く離れたここでは何もできません。TVでワールドニュースを見て情報を知ることくらい。海外にいる一般人は何ができるんだろう…。

何もかもが普通の生活をしていることに罪悪感を感じたりするけど、ここで私が何かを自粛したり悲しんだり、不安がったり、くよくよしてもそこからは何も生まれないよね…。そう思ったので、元気にいつも通りの生活をすることにしました。それと(僅かだけど)募金も。

危険な状況の中で働いている原発の職員の人や自衛隊、国際レスキュー隊等の姿をTVで見て、ありがとうって思う。クラスメートに「日本人ってエライね」って褒められた。頑張っている被災地の人たちにありがとうって思う。

私もできることを頑張ろうっと!



今ベルギー夜7:00のニュースを見てたらISHIMAKIで救出された男性の映像が流れた。救急隊員の水色の作業着の背中に、私が小4~高3まで住んでいた町の名前「串本」が書いてあった。あんな遠く離れた小さな町から救助に来ているんだと思ったらちょっと涙が出た。みんな頑張っているんだよね。(19:46追記)

| 雑【U子】 | 12:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

救急車1台と救急搬送要員として3人ずつ交代で行くそうです。
アタシも見ました。
消防にも自衛隊にも友人がいるので
心配しつつもエールを送っています。

| じぇに | 2011/03/16 06:56 | URL | ≫ EDIT

救急車も!

さすが、現地の人はお詳しい!
そうかぁ、3人で救急車で東北までず~っと運転して行ったんだ~。
てっきりヘリコプターで現地入りしたと思ってました。そうよね、救急車が必要よね。
私もエールを送りたいです。

昨日帰宅した夫が、まっ先に私に話してきたこと。「今日職場に禿げたオッサンがものすごい勢いで入口のドアを開けようとしてきた」と。
ドアを開けたら「ここの責任者は誰だ!」と。「クレームか?」と思ったら「ここでは日本の地震の募金はしていないのか? 義理両親が日本人でニュースを見てたら居ても立ってもいられなくて」とのことだったそうです。残念ながら職場では募金集めはしていないけど、ベルギー国際機関や日本領事館での募金を知らせその場は終わったそうですが…ありがたいですよね。
しかし夫よ…「禿げた(オッサン)」という情報を私に伝える必要はあったのか?i-229

| U子 | 2011/03/16 17:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。