PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベルギービール

TARAS BOULBA

いったい何が起きたの? 遊園地? サーカス? 城? を背景に、帽子を被り正装し、恐怖で真っ青の顔のおじさんに向かってつるっ禿でビール腹のオッサンが怒りで顔を真っ赤にし、樽を振り上げている!

ビールの銘柄の「TARAS BOULBA」も、オッサンのセリフ「Smeirlap!」が何語なのかさえ分からない。そんなときに便利なインターネット。調べてみると…

「フランス語を話すワロン人女性と結婚し出て行ったフラマン人の息子に、父親であるTaras Boulbaは怒り狂っている。」ということらしい。セリフの「Smeirlap!」はフラマン語とフランス語が合わさった方言で、「バカもん!」 だそうです。

ロシア人Gogolの原作から考えられたデザインで、原作は「1600年代、プロテスタントとカソリックの2つの宗教間で争っていた相手国ポーランド人の女性と結婚したロシア人の息子を父親が殺してしまった」というもの。

北部のフラマン地方と南部のワロン地方で揉めている我が国ベルギーが、このようなことにならないことを願って…ということでした。

「なんやこの絵」と面白半分に買ったビールに、こんな意味が込められていようとは…。

味ですが、エクストラホップにしては、アッサリ味。口に入れた瞬間に、苦味と軽いレモンのような酸味を感じますが、あっという間に消えちゃいます(少し物足りない?) 軽く飲みやすいです。

アルコール度 4.5%

| | 16:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。