PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

丸鶏分解!

こちらでは皮付きの鶏ムネ肉やモモ肉があまり売っていないので、骨付きムネ肉とか骨付きモモ肉を買ってきてさばくのだけど、ついに今回、丸鶏をさばいてみました。初めてなので大きな鶏は無理かなぁ~と思い、小さな鶏を選んでみたのだけど…。

あら、簡単♪
ムネ、ササミ、モモ、手羽が取れました。
残った骨は、くず野菜と一緒に圧力鍋に入れて鶏がらスープに。

これからも時々やってみよう(気が向いたら、ね)。

さばきながら思い出したのは、昨年見たイギリスBBCのTV番組「Blood, Sweat and Takeaways」。テイクアウトの食べ物が大好きだという若いイギリス人男女が東南アジアの国に行って暮らし、食料産業を経験するというもの。このシリーズの最後だったかな?「チキン」というエピソードがあり、彼らが鶏肉工場体験をすることになり、生きたままの鶏をコンベアーベルトにに一羽一羽、脚をひっかけていくのね。鶏も必死だから逃げようとして、またそれを捕まえてベルトに吊るす。ベルトが流れていった向こうでは…映像は無かったけど工場から流れ出るパイプが血の川。次はその鶏の羽をむしり、最初は生きていた鶏が、私たちが店で見る「鶏肉」の姿になっていく…。

のんきに「今日はモモ肉買お~♪」なんて言っているけど、誰かが「鶏モモ肉」の状態にまでしてくれているんだよね…。分かっていることだけど改めて感じた番組でした。(現在、新シリーズ「Blood, Sweat and Luxuries」やってます)

えと…なんか話がそれたけど、言いたかったのは、丸鶏をさばけたところで、もしこれが頭が付いていたり、脚が付いていたり、内臓があったり、羽が付いていたりしたら絶対にできないなぁってこと。食肉業界の皆さん、ありがとう☆
何だ、この締めかた

| 雑【U子】 | 18:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

す、凄い。ここからでも十分凄い!!
日本と違ってときどき“毛”がついた肉に
出会っただけでも、ひえ~~~~~~
な私です!!

| ポロミル | 2010/05/01 04:36 | URL | ≫ EDIT

> 日本と違ってときどき“毛”がついた肉に
そうそう! 私もこちらに来て初めて見たとき、ギョッi-84としました。
皮付きモモ肉には、ほぼどこかに毛が付いたままですよねi-229
日本で売っている肉ってすごく丁寧に処理されているんだなぁって分かりました。

海外で生活すると日本の「徹底」ぶりが分かりますよね~。
良いことなのかどうなのか、分かりませんけどi-235
(でも、ありがたいことです)

| U子 | 2010/05/01 21:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。