| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大型ゴミ回収

ブリュッセルで大型ゴミを捨てるには、ここへ連絡します。

Bruxelles-Propreté
0800.981.81(通話無料)

「フランス語なら1を、フラマン語なら2を押してください」「大型ゴミの回収の予約なら1を…」と録音メッセージが流れるので、1と1を押すと受付オペレーターに繋がりました。

「何をゴミとして出すか」を尋ねられた後、「回収日」「午前or午後」を決めます。こちらから希望日を伝えることが出来たので引越し当日を予約しました。「午前でいいですか?」と言われたのでOKすると、「じゃぁ7:00~14:00に出しておいてください。」 これで予約完了。

さて当日。
「7:00~14:00」に集めに来る、ということだったので早朝からアパート前にゴミの運び出し。予約時に伝えていた物と変更&増加がありましたが、2㎥内の量であれば問題ありません。

8:00。インターフォンが鳴り、エントランスに行くと回収の人が来てくれていました。名前と出してあるゴミを「これですね」と確認され、渡された用紙にサイン。そのコピー(写真右)を受け取りました。

回収車であるトラックには1、2軒のゴミが既に乗っていました。家具はトラックの荷台の奥側、小さめのものは中央、家電は手前、と場所を決めて乗せているようです。「危険だから…」と布団の隙間にドライバー等を挟んでゴミとして出していたのですが、全部取り出して分類し配置していました…手間を増やしてゴメンなさい

あっと言う間に全てのゴミがトラックに載せられ「Au revoir!」と去って行かれました。
私たちはこの利用が初めてで最後になってしまいましたが、6ヶ月に1回の利用ができるそうなので、これまでも利用したら良かったなぁ~。

これでアパートの部屋は完全に空っぽになりました♪



ホームページ上で依頼することも出来るようです。 

≫ Read More

スポンサーサイト

| | 16:38 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電気ガスの解約

我が家は「Electrabel」と契約していました。
「VOO」と同じく、この会社も契約書には「解約するには、解約希望日の1ヶ月以上前に手紙で知らせること」とあります。

やっぱりお世話になったのは「Une-Lettre.com」。このサイトの「GDFの解約」を元に手紙を書き「Electrabel」に送付(普通郵便)。

ちょうど2週間後に返事が送られてきました。(写真)
それによると「インターネットサイトか電話で7日以内に連絡してください。貴方宛てのファイルがあるのでそれを開いて下さい」とのこと。

「Electrabel」には契約者個人のページ「Espace Client」があり、契約情報が載っています。そこにアクセスすると、手紙に書かれていたファイルがありました。開くと三択「既に退居去済」「これから退居」「退居を取り消す」とあり、私は「これから退居」なのでこれをクリック。載っている情報の確認や変更をして「確定」ボタンをクリック…終了♪

そして退居当日。空っぽになった部屋の中で大家さんと一緒にこのサイトを開き、地下のガスメーター室で読んできた我が部屋のメーターの数字etcを記入。後日送られてきた請求書には「clôture(閉鎖)」とあったので、この請求書が最後であることは確かです。手続きがきちんと取られていることにホッとしました。

これをオンラインバンクで支払って終了!
今までお世話になりました♪

| | 20:54 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TV・インターネットの解約

voo.jpg 我が家はTVもインターネットも「VOO」と契約していました。
契約書には「解約するには、解約希望日の1ヶ月以上前に手紙で知らせること」とあります。

どのように書いたら良いか知らないし、フランス語でどう書けば良いのか困った私は、インターネットに助けを求め、便利なサイトをいくつか見つけました。世の中には親切な人がいるものです♪ お世話になったのが「Une-Lettre.com」。

このサイトの「インターネットの解約」を元に手紙を書き「VOO」に送付(普通郵便)。

5日後に返事が送られてきました。
それによると「レンタルしているデコーダ等を返却した時点で解約完了。もし未返却の場合は契約続行とみなす。デコーダが壊れている場合は299ユーロで弁償」とのこと。こんな安っぽい素材の物にそんな金額は払いたくな~い

TVを売り払ったら、もうデコーダは必要ありません。返却しに行くことにしました。
倉庫にキープしていた空き箱にデコーダ、リモコン、ケーブル等を収納し、メトロに乗って街中のVOOブリュッセル本社(RUE ALSACE LORRAINE 28, 1050 BRUXELLES)へ。

箱の内容が揃っているか確認すると、解約書を渡されるのでそれにサイン。こちらにはコピーを渡され、それで終了、あら、アッサリ。TV回線は切られたけど、インターネットは月末まで使えるそうす♪

ちなみにこの後返却したデコーダがチェックされ、不具合があれば一週間以内に弁償金が請求されるそうです
ウチは無事でした。ほっ。。。

| | 07:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。