| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カードリーダー

郵便受けを空けたらいくつかの封筒と共に白い箱が入っていました。宛名は印刷されてるけど送り元は無し。誰からぁ~? 何コレぇ~? 虫めがね再び? でも今回はちゃんと宛名がウチになってるもんなぁ。

気味悪いのでそっと中を覗き込むと、箱の内側がオレンジ色……あー、もしかして?

開けると、正解! ウチがお世話になっている、オレンジ色がテーマカラーのING銀行からの物でした。
だけどコレ何だろう? そう言えば封筒が3通あったなぁ…あ、ありました。INGからの封筒。

「『カードリーダー』でもっとセキュリティを!」ですって。パスワードやピンコードを守るための物らしい。いつもオンラインサイトで口座を確認しているので、セキュリティーガードは強い方が良いですね

今日は面倒だし週末にでもやってみよう。
「届いてから4週間以内に作業してください」ってことだしね
簡単なことだから今やれよ…
スポンサーサイト

| | 17:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出来る事はないけど…

休暇だった1週間ぶりにフランス語教室に行った…ら、一斉に取り囲まれました。
「U子、大丈夫? ご家族は?」

こうなることは予想していたのでかなり気合を入れて(厚化粧&直せなかった寝癖…って何のために!?)出掛けました。何を聞かれても答えられるように、何を言われてもきちんと話せるように…。

でも、結局「私は大丈夫。家族も友達も大丈夫」と言うのが精一杯でした。「心配してくれてありがとう」と。

被災地から遠く離れたここでは何もできません。TVでワールドニュースを見て情報を知ることくらい。海外にいる一般人は何ができるんだろう…。

何もかもが普通の生活をしていることに罪悪感を感じたりするけど、ここで私が何かを自粛したり悲しんだり、不安がったり、くよくよしてもそこからは何も生まれないよね…。そう思ったので、元気にいつも通りの生活をすることにしました。それと(僅かだけど)募金も。

危険な状況の中で働いている原発の職員の人や自衛隊、国際レスキュー隊等の姿をTVで見て、ありがとうって思う。クラスメートに「日本人ってエライね」って褒められた。頑張っている被災地の人たちにありがとうって思う。

私もできることを頑張ろうっと!



今ベルギー夜7:00のニュースを見てたらISHIMAKIで救出された男性の映像が流れた。救急隊員の水色の作業着の背中に、私が小4~高3まで住んでいた町の名前「串本」が書いてあった。あんな遠く離れた小さな町から救助に来ているんだと思ったらちょっと涙が出た。みんな頑張っているんだよね。(19:46追記)

| 雑【U子】 | 12:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エレクトリシャン

バスルームの電気のスイッチを入れた…のに電気が点きませんでした。電球が切れちゃったのでしょう。交換しようと電気カバーを外すと、切れちゃっていたのは電気の配線でした

日本にいたときは電線は「赤と白」とか「赤と黒」みたいに、たいてい片方が「赤」でもう片方は正反対の色って印象だったのですが、こちらでは(というかウチでは)「茶色と緑」だったり「青と黒」だったり、何だかどちらも同じような色のような気がします。(これって色によって違いがあるんですよね?例えばアースが「◎色」とか…全く知識無いですけど

黒い電線が外れてぶら~っとなっていました。繋げば良いだけのこと…なんだけど、なぜか繋ぐための穴(差込口)が数個もある!? 「多分コレ」と差し込み、ネジで締めたら。。。

間違っていたらしい…Oh、No! ショートして、なんとスイッチがブロックされて押せなくなってしまいました 「これは電気屋さんに頼まなきゃ…」

すぐに管理人さんに伝え、電気屋さんに連絡を入れてもらいました。「明日の朝8:30に来てくれるそうよ」 早っ

そして今朝。まだ朝食も食べていないのにインターフォンが鳴りました…ってまだ8:00前ですやん、早すぎっ

工具箱を持ったおっちゃんが「ボンジュール(おはよう)!」。まずウチのブレーカー、アパートのブレーカーの位置を確認し、「ヴォアラ(よっしゃ)!」と室内へ(もちろん土足ね)。バスルームで鼻歌(といっても毎回同じワンフレーズのみ)を歌いながらお仕事を始めました。

一時間後。「フィニ(終わり)! 直ったよ~、コレと、コレと、コレと…」
なんということでしょう!
(ビフォー)壁に無理やり開けた穴で配線していたのでグラグラだった電気が…
(アフター)ピッタリと壁にかかっています!
(ビフォー)古いデザインだったスイッチが…
(アフター)現代のデザインのものに代わっています!
(ビフォー)スイッチを入れていないと繋がらなかった(これ、有り得へんやろ…)バスルーム内のコンセントが…
(アフター)スイッチを入れなくても繋がるようになっています!
さすが匠の技プロの仕事はちゃうわ~~~

陽気な電気屋さんで、その後もエコ電球の説明をしてくれたり、電圧計を見せながら電気のことを教えてくれたり。基本はフランス語だったけど、私のフランス語力に配慮して、英語を使ってくれたり(たまに何か言って「あ、これはオランダ語だったね」なんてことも。こっちの人って普通にバイリンガルなのよね、スゴイ!)。大家さんに送る請求書に入れた私のサインを確認したら「ボン(よっしゃ)!」手を差し出してきて握手。「オーヴォァ(さようなら)!」と帰って行かれました。

これで今晩は暗がりの中で入浴しなくて済みます
電気屋のおっちゃん、ありがとう♪

| | 16:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。