| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さつま芋?

庫の色はΣ(゚д゚;) ウチは2人だけの生活なので、買い物ではよく「量り売り」を利用します。「キロ当たり~ユーロ」ってやつです。特にトマト、人参、じゃが芋、玉葱。一つ一つ選んで袋に入れて量りに乗せて重さに応じた値段を払います。

先日、いつものようにじゃが芋がゴロゴロと入っている箱を覗き込むと、赤紫のじゃが芋が数個、混ざっていました。ほとんどがじゃが芋の中、数個だけ。「誰かが混ぜちゃったのかな?」と周りを探してみましたが、どこにも見当たりません。その箱に混じって入って正解のようです。そしてその芋は「色はさつま芋・形はじゃが芋」。何なのでしょう・・・買ってみることに。

5個ほどを袋に入れて「じゃが芋」の値段で購入。

もしこれが「さつま芋」なら作りたいものは色々あったのですが・・・残念ながら全く甘みはありませんでした。ホクホク感の少ない「じゃが芋」ってところかな。わざわざこのお芋を選ぶ理由は無さそうです。
スポンサーサイト

| | 14:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーブン

1年も経っていないのに壊れてしまったオーブン。といってもこれは「オーブンレンジ」で、オーブンの電熱線が切れてしまっただけ。修理に出したら数週間で直るだろうけど、元々、ハンドミキサーとオーブンは「使わない日が無い」マストアイテム。「200℃までしか上がらない」「狭い」「湯煎焼きが出来ない」オーブン機能には不満がありました。そこで、この際、これは修理に出さずただの「電子レンジ」になってもらって、新たにオーブンを買うことに。

残念ながらお店に在庫が無く取り寄せ。クリスマスには間に合わず、昨日やって来ました。一日遅れでクリスマスチキンを料理。前もって買って冷凍していた「丸ごとチキン」を焼きます♪

このオーブン、店頭の見本で庫内に「棒」が付いていました。取り外し可能な「棒」で「串じゃない?」「これに挿して焼けるのかな」と話していたのですが、説明書を見るとその通り「串」でした。チキンやポークなどをこの串に挿して丸焼きができるらしい。お店屋さんの店頭では見たことあるけど、家庭で出来るとは!

まわるまわる【A】がグサーっとチキンを挿し、串の真ん中辺りにしっかり固定。オーブン内にセットし、「串焼きグリル設定」にスイッチ・オン。・・・するとなんと、回転し始めました。すごい!

おかげで途中で裏返したり、肉汁をかけたりする必要なく、1時間少しできれいに焼きあがりました。こんな「串焼き機能」は初めてでビックリしたけど、その国にはその国で需要のある機能があるということでしょうか。日本にはコンロに「魚焼きグリル」が付いているようにね

| | 12:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・イブ2007

ベルギーに来て2度目のクリスマス。今年はクリスマスムードは全く無し クリスマスディナーを作ろうにも、オーブンが壊れ、先日買い行ったものの欲しい商品は店頭では品切れ。取り寄せてもらいましたが「26日に入荷」だそうで、既に購入済みの「丸ごとチキン」は冷凍庫で眠ったままです 26日までクリスマス休暇の【A】とだらだら過ごしています(【A】は今日と明日は溜まった仕事を片付けに自主出勤していますが)。

先日、スーパーマーケットに行って気が付きましたが、「"ベルギーらしいクリスマス"って何?」 イギリスではクリスマスシーズンに入った途端に「クリスマスプディング」、「クリスマスクラッカー」「クリスマスミンスパイ」が山のように積み上げられていたものでしたが、こちらではそのような物は見当たらず。「クリスマスクラッカーくらいあるかな?」と探してみましたが見つかりませんでした。【A】に話すと「本屋にはあったよ」・・・ってあの本屋「Water Stone's」はイギリスのチェーンだから!
クリスマスが何だってんだー!ガジガジ・・・
まぁ「"サン・ニコラの日"がある」というのが十分大きな「ベルギーらしいクリスマス」なんでしょうかね。来年、3度目のクリスマスにはもう少し何かが見つかるでしょうか。

| | 14:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・チップ

欧米には「クリスマス・チップ」という習慣があります。日頃、お世話になっているゴミ収集や郵便配達の人たちに感謝の気持ちを込めてチップを渡すのです。

この習慣、去年ブリュッセルに来て初めて知りました。「ゴミ収集の人が一軒一軒に集めに来るよ」と。イギリスにいたときには「クリスマス・チップ」なんて聞いたこと無かったんだけど、調べるとイギリスでもこの習慣はあるそうです。誰も取りに来たこと無かったのはナゼ? カーディフではやっていない、とか!?

とにかく、ブリュッセルではしっかりとこの習慣があるそうなので準備。ウチでお世話になっているのはゴミ収集の人たち、郵便配達さん、管理人さん。ポチ袋のようなものに入れたり、クリスマスカードに挟んで渡すとのこと。不思議なもので海外に暮らすと「日本」を意識するもので、「和風」なポチ袋、クリスマスカードを手作りしました。ちなみに「チップ」といっても「コイン」ではなく「紙幣」で。人によって違うでしょうが、大体「家賃の10~20%」だそうです。管理人さんには「その倍」くらい。ドアマンさんやお掃除の人たちがいるマンションに住んでいたりすると結構な出費になっちゃうそうですよ

お礼のカード 昨日、出掛けようとしたときに管理人さんに会えたので「いつもありがとうございます」と渡しました。「中国・・・じゃなかった、日本に里帰りするんですか?」「いいえ、こっちにいます」「そうですか、私もなんです(管理人さんはポルトガル出身)」と会話をし、別れました。夜に仕事から帰ってきた【A】が「郵便受けに入っていた」と一通の封筒。管理人さんからのお礼のクリスマスカードでした。渡す方も受け取る方も気を使いますね。

| | 15:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイナス気温

数ヶ月前からこのブログの右下にブリュッセルの気温が載るようにしていたのだけど、先日見てみると
意味無ぇ~! 「???」

「バグってる?」と思って元サイトを見てみたけどここでも同じ・・・ハッ「もしかして、今、マイナス気温?」Σ(゚д゚;)

他の世界気温をあらわすブログバーツを探してみると
でた! 「やっぱりマイナス!」

寒い寒いとは思っていたけど、そうか~、氷点下なんだ・・・。しかもこれって日中(午後2時)なんだけど・・・ まさか自分の人生で氷点下の気温になる土地で暮らす日が来るとは思っていませんでした。でも雪が降らないだけ良かった。雪国に暮らす日は・・・来ないと思う・・・多分。

| | 14:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。