| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベルギーの水

ベルギー生活を始めて2週間。いろいろ慣れてきました。

物価は高いけれど、食べ物は種類が多くて美味しいし、楽しく暮らしています。でも「心底イヤなコト」が一つ。それは、ベルギーの「水道水」。

ベルギー行きが決まってからいろいろ調べていたので水のことも知ってはいました。「石灰質が高くて、洗濯機や食器洗い洗浄器はそれを分解する粉を一緒に入れないと機械が壊れる」とか。

でもイギリスも石灰質が高いのは同じで、作り置きのお茶を沸かしたときなどは、表面に出来る膜を濾過していたりしたので「まぁ一緒でしょう」と思っていました。

・・・が、甘かった。マジですごい、ベルギーの水は。

紅茶を作ると「濁った紅茶」が出来る! 紅茶ってあの「透明な琥珀色」が売りですよね・・・(^^;)
電気湯沸しポットの電熱器も、カルキ落としの直後はピカピカでも、数回使うと白いコーティングが・・・(><)
カルキ落とし直後・・・

このアパートに住み始めてすぐにやったことがこの「カルキ落とし」(酢を1.5リットル買ってきた!)。キッチンの蛇口も、お風呂のシャワーも、とにかく水関係はカルキがビッシリ。蛇口からまともに水が出ない(目が詰まってあちこちへ水が散乱。)!

あまりの石灰質の高さに恐れをなし、「石灰質を分解する粉」「飲料水」は買うことにしました。このままだとマジで機械が壊れそうだし、命に悪影響も出るかもしれない・・・恐すぎる。
見た目はただの粉  水売りコーナー。山のように置かれたペットボトル

何とかしてくださいよ、ベルギーの水道局さん・・・。
スポンサーサイト

| | 23:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おやつ

CORNE

スーパーマーケット「Carrefour(カルフール)」で購入。

| | 20:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス2006

Joyeux Noel!(メリークリスマス!)

特にクリスマスだからといって特に予定は無いので、こんな日だけど「引越し先探し」の続き。今回は前回と逆に我が家より南西を歩きました。
残念ながら空き部屋はあっても「ここ!」というものは見つからず。

でも、途中で美味しそうなケーキ屋さんを見つけました。小ぶりだけど美味しそうなブッシュドノエルや、チョコレートケーキ、タルトが並んでいます。今日はクリスマスなのでブッシュドノエルを選択。
フランス語で「コレとコレください」と言いたかったけど・・・思い出せない。仕方なく英語で。店員さんも付き合って英語で応対してくれました。お店を出るときには「Merry Xmas!」まで。

家に帰って、早速「なんというべきだったか」復習。

「Un comme ca et un comme ca, s'il vous plait.」ね・・・。

次こそは!

| 雑【U子】 | 23:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・イブ2006

人でいっぱい 日曜日です。クリスマス・イブです。
先週と同じようにシティセンターへ行くことにしました。目的は「"Water Stone(イギリスの大手本屋)"を探す」「グラン・プラスのライトアップを見る」こと。

メトロに乗り「Rogier」で下車。ここには若者向きのファッションショップなどが立ち並ぶ通りがあります。ショーウィンドウを見つつ通りを抜け、まずはランチへ。

おいしい やっぱりおいしい カーディフの友人から「ベルギーに行ったらムール貝だよ」、社長【Y】さんから「ムール貝は旬だから食べておかないと」と言われ、そして先週ワッフルを食べる私たちの近くで山盛りのムール貝を食べる人を見ていたので、「ムール貝のクリームソース蒸」「クロックムッシュー」を注文。出てきたのは「バケツ一杯」といった感じの山盛りムール貝。すごい量でした。おいしかったです。また来年。

ひげも付いている 羊がかわいい 「"小便小僧"が衣装を着ているかもよ?」と行ってみたら、期待通りサンタクロースの格好をして(させられて)いました。なんでもこの「小便小僧」、世界中から衣装を贈られていて世界一の衣装持ちらしい。次回はいつ、どんな衣装に?

そのまま裏通りを歩くとここにも「キリスト誕生」の人形小屋が。今回のは羊も人形。

順番に並んで触ろう 先週、多くの人が撫で回しているのを見て「???」だった金ピカの像は「セラクラースの像」といって「触れて幸せを祈るもの」だと(後で調べて)知りました。今回はしっかりと撫で撫で(ちゃんと手袋を脱いで素手で撫でたぞ!)。

なかなか見つからなかった本屋「"Water Stone」をやっと発見。入って感動。「書いてあることが分かる!」 本屋がこんなに「憩いの場」になったのは初めてです(^^; カーディフでよく買っていた雑誌を手に入れハッピー♪

寒いのと歩いて疲れたので、カフェに入って休憩。この国ではコーヒーには必ずクッキーなど一口サイズのお菓子が付いてくるので嬉しい。今回はチョコレート屋さんのカフェなので美味しいブラックチョコレートが付いてきました♪

日が落ち、外はだんだん暗くなってきました。イタリアンレストランで今晩のケーキを購入。グラン・プラスに戻るとちょうどライトアップが始まりました。クラシック音楽が鳴り響く中、市庁舎を中心に青、紫、赤、黄・・・、トナカイ、雪の結晶などが照らし出されます。広場の中心にある大きなクリスマスツリーも合わせて照明が次々と変わります。途中では一斉に出てきたシャボン玉が光を反射しながら舞っていました。「ただ色とりどりのライトアップ」だと思っていたので予想以上のものに満足でした。


ラズベリーチーズケーキ アップルタルト 買ってきたケーキは「もう一回買う!(【A】)」という美味しさ。
イギリスでは「美味しいもの」になかなか出会えなかったので、ベルギーの「食べ物」には感動~!(*^^*)

| | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引越し先探し

私たちは来月末には引越しをしたいと考えているので、次に住む家を探さなくてはいけません。出来れば不動産屋を通したくないので、インターネットか自分の足で探すしかありません。

車を持たない私たちには「駅近く」「スーパーマーケット近く」が必須条件。あとは「3階以上」「陽当たりが良い」「浴室付き(シャワールームのみの部屋が結構多い)」こと。

インターネットでは今ひとつ見つからないので、条件に当てはまる地域を歩くことにしました。空いている部屋には「A LOUER(貸家)」と印刷された用紙にその部屋の説明&連絡先を書いた貼り紙がしてあるので、外からでもその部屋の陽当たりぶりが分かります。仕方が無いことですが、張り紙の説明はどれもフランス語。あってもフランス語+オランダ語。分からない・・・。辞書を片手に四苦八苦。まぁ、実際に「部屋を見せて」と連絡してみれば英語が通じる人が多いとは思いますけどね。

一つだけかなり気に入った条件の部屋を見つけたので、メールを出してみました。でも既に決まってしまっているかもしれないし一つだけでは不十分。後日、今日は歩かなかった地域も歩いて探してみます。

残念ながらバタークリームのデコレーションでした帰り道にスーパーに寄ってお買い物。先日、【A】の会社の社長さんが「ドイツでしか手に入らないおいしいビール」をわざわざ買って来てくれたので(本当に良い人だ・・・)ピザを食べることに。デザートコーナーでちょっと早いクリスマスケーキを購入。そういえばクリスマスまであと2日。何をしようか、何を食べようか全く考えてないなぁ・・・(^^;)

| | 23:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。