| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家賃・光熱費

我が家(夫婦2人)のベルギー滞在期間の家賃と光熱費。

2007年度                   (単位:ユーロ/月)
家賃 580,00 電気・ガス 43,08 水道 134,27

2008年度
家賃 609,00 電気・ガス 53,22 水道 295,67

2009年度
家賃 617,51 電気・ガス 41,34 水道 221,60

2010年度
家賃 617,51 電気・ガス 41,30 水道 183,00

2011年度
家賃 633,75 電気・ガス 49,47 水道 161,25

メトロ"Hankar"駅から徒歩10分ほどの古いアパート(1ベッドルーム・キッチン・リビング・バスルーム・テラス・倉庫)だったので、家賃はこんなものでしょう。2010年のindexがほとんど変わらなかったのでこの2年間は同額でした♪

ガスはキッチンのコンロだけ。ヒーターもお風呂も温水のものしか使っていなかったので、電気はキッチンやTVなどの家電と部屋の電気だけ。だからあまり変化がありませんでした。

変化が大きかったのは水道費。2年目に「この一年間の水道使用量が倍なんだけど合ってる!? もしかして水道管が漏れてるとか無い!?」と大屋さんに驚かれた使用量。暢気に毎日入浴していたら大変なことになってしまいました
翌年からは水道の使い方を反省。年々工夫をして節水しました。水道代金は毎月の共益費として払っていたので、年度末に「一年間に払った共益費の合計額」が「一年間の使用水道費」より少なければ「追加金支払い」少なければ「返金」です。最初の2年間は「追加」、でも節水を始めてからは「返金」でした



現在、日本で暮らしていますが、日本って家賃、電気・ガス、水道、どれも高いっっ こんなに高かったっけ? 毎月「ご使用量のお知らせ」を見るたびビックリしています。少しずつ工夫して節約していかなきゃ、ね。。。
スポンサーサイト

| | 12:22 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本IDカード

財布を落として中に入れていたIDカードまで失くしてしまい、再発行を申し込んでから約2週間。「取りに来てください」のお知らせが区役所から届きました♪

私の住んでいる区の役所は午前中8:30~1:00は毎日開いているけど午後も開いているのは火曜日の2:00~4:00と木曜日の4:00~7:00だけ。午前中は忙しいし、夕方は出かける気になれないし、、、ということで今日(火)の午後に行くことにしました。届いたお知らせ、仮IDカードとその時に渡された小さなカードをカバンに入れ、出発。

14℃の寒さ、空はどんよりしてたまに小雨という残念な天気でしたが、半袖Tシャツとジーンズ…周りはコートを着てたり、マフラーを巻いていたり。。。完全に小学生並のファッションでしたが、歩いていたら温かくなるので平気♪ 家から区役所までは少し遠く、30分近く歩きますが、携帯にかかってきたメールに返事、またそれに対する返事メールに返事を打ちながら歩いていたので、結構すぐに到着。

ちょうど午後の部がオープンするまさにその時で、既に3人の人が待っていました。
前の3人がスムーズに進み、私も同じくサクッと事が終わり、無事、仮じゃないIDカード、GET!

少し寒かったけど、行きはウサギ、帰りはリスが見れて、ちょっとした散歩気分の午後になりました♪

| | 15:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ID更新〔5年目〕

昨日の日曜日、特にすることも無く【A】は寝室でギターの練習、私はTVでF1(小林可夢偉、残念だった!)をダラダラ見ていたら、玄関のインターフォンが鳴りました。

インターフォンの受話器をとり「はい?」と言うと、「警察でぇっす」。あ、このデカイ声はいつもの警察さん♪ (去年だけ違う人が来たのだ。)

階段を上がって来て、玄関口で待っていた私に「やぁ」と手を上げてニッコリしたのは、やっぱりお馴染みの背の高い警察さん。「すみませんね、日曜日にお邪魔しちゃって」という警察さんに「いえいえ、何ぁんにも用事は無いですから」と私。「ご主人は?」「部屋でギター弾いてます。呼んできますね。」

さすがに5回目ともなるとアッサリ。「家族構成に変化はありませんね」「家に関して変化はありませんね(同居の人が増えたとか)」「転職してませんね」など、例年通りの質問。

「…以上です。再発行のIDカードを出来るだけ早く取りに行ってくださいね。(「知らせは着ているので近々行きます。」)そうですか、そうしてください。いや、本当に、日曜日だってのにお邪魔してすみませんでした。(「警察さんは夏休みは?」)来週からなんです。ニッコリ

そしてバイクに乗って帰って行かれました。
5年目なのでコレで最後です。お世話になりました!

初めて見たときは「どうなってるの?」ってビックリした近所のお家

| | 17:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仮IDカード

落として失った財布の中には、現金・日本のクレジットカード・現地の銀行カード・SISカード・IDカードが入っていました。健康&金銭関係はとりあえず片付いたので、IDカードの再発行をしなくてはいけません。

必要なもの:写真3枚&パスポート

まずは区の警察署へ。ここで「仮IDカード」発行の手続きをしてもらいます。
「写真1枚とパスポートを下さい」と言われましたが、私は失ったIDカードのコピーを持っていたのでそれを見せました。もちろんパスポートでOKです。署員から渡された用紙に「氏名・住所・電話番号」「何時、何処で失ったか」と署名をします。5分ほどで「これを持って区役所に提出してください。」と渡されたものは、写真を貼り付けた用紙と何かズラズラと文が書かれた用紙のホチキス止め。

警察署と隣り合った区役所に行き「外国人窓口」へ。
「IDカードを失くしたので再発行してください」と警察署で渡された用紙を渡すと、「写真2枚とパスポートを下さい。それと再発行費用17ユーロです。(…支払い…)では、しばらくお待ち下さい」

10分ほどして、「仮IDカード」の出来上がり。さきほど渡した写真が貼り付けられたペラペラのA4用紙。そして「再発行されるIDカードは3週間ほどで出来上がるので窓口3番で受け取ってくださいね」とのこと。「3週間!」とビックリすると「通常は2週間くらいで出来ますから。」と慰め(?)られました

はぁ…またここまで来なアカンねんなぁ~
(財布落とした私が悪いねんけどな)

| | 13:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

財布落とした・・・

やってしまった…財布を落としてしまいました

近所のスーパーから家に帰るまでの間のどこか。ほんの300メートルほどの距離。すぐに気づくべきだったんだけど…なんで「汗かいたから」ってシャワーなんて浴びてしまったんだ! ウィンブルドン見ながらアイスクリーム作りを始めてしまったんだ、私のバカ!

…後悔しても仕方ない。すぐに動かなくては! 帰り道を探しながら戻ってみたけど無い。お店に行って尋ねたけど「無い」。もう一度家に帰って探したけど無い。

まず銀行にTELしてカードをSTOP。英語が通じて良かった~♪

次に警察にTEL。ここは完全にフランス語 一生懸命に話たけど「…で?」って感じの反応。「誰かが届けてくれていませんか?」「いいえ」と即答。そんなことある訳無いでしょう的な反応。そうよね、拾った財布をわざわざ警察署まで届ける人なんておらんよね…。「IDカードも失ってしまったのですけどどうしたら良いですか」と尋ねるとやっと反応有り。「こちらに来てください。再発行のための写真を持って来て下さい」とのこと。

よし、警察は後で行くとして、日本のクレジットカードも止めないと。インターネットのサイトで「カード紛失・盗難受付デスク(海外)」に書かれた電話番号一覧から「ベルギー」の番号にかけたけど繋がらない。「電話がかかりにくい場合は 現地オペレータを呼び出し、81-3-XXXX-XXXXへコレクトコールの旨をお申し出ください。」とある。かけてみると「▼□#*◎◆※‰…」フラマン語っぽい録音メッセージが何か言って切れた… 仕方ないので直接TEL。電話代がいくら掛かるか不安だけど、カードが不正利用されるよりはマシ!

さすが日本のヘルプデスク。テキパキ丁寧に事を進めて何と3分54秒で完了。3.86ユーロ。さっき銀行カードを止めるためにかけたTELは8分(2.40ユーロ)もかかったのに! やっぱり日本のサービスってすごい

次にベルギーの保険証「SISカード」の再発行。MutualiteにTEL。ここも英語が通じた♪ 「では書類を送りますのでサインをして返送ください。その後再発行したカードを送ります」とのこと。アッサリ&サックリ♪

さて、ではIDカードの再発行をするため、警察署へ出掛けましょう! →仮IDカード
 近所のお家。壁に…
 日時計だぁ♪

| | 13:31 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。