| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございました

2011年7月のある日、散歩をしていた時。
すぐ横を通り過ぎたトラム。


次の停留所は 京都!

これに乗ったら京都に行けるのかなぁ~?

…というわけ(?)で、2004年からの海外生活を終え、京都に帰りました。(残念ながらこのトラムではなく飛行機で…   ←当たり前や。)

このブログもこれで終わり。
日々の「どぉでもええ」ようなことを書いていただけですが、楽しかったです。
訪問くださった方々に感謝!! ありがとうございます。

【A】&【U子】
スポンサーサイト

| | 12:27 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

荷物帰国

「日本に完全帰国」をする →つまり「海外引越し」をするわけです。
家具は全て売ったり譲ったりしたので大きな荷物は有りませんが、衣類、本、CDなど日本に持ち帰りたい雑貨はたくさんあります。

友人Pの「最近引っ越したばかりだから良かったら…」の言葉に甘えてダンボールGET♪ 全部で6箱になりました。
さて、引越し業者選び。私が知っている限り、ブリュッセルには3軒の日本への海外運送業さんがあるはず。それぞれをインターネットで検索。

Y運送会社、P運送会社、K運送会社。
Kのサイトはロンドンの情報が主。ベルギーからの引越しは「TELで問い合わせを」とのこと。この時点でK運送会社は選択肢からアウト。

YとPのサイトを見比べてみたけど、どちらが良いか良く分かりません。そこで荷物の量など簡単に説明し、情報をもらえるよう求めたメール送信。

簡単なメールのはずなのに、返事が返ってこない
「どぉなっとんねん」と思っていたら…3日後、やっと返メールが来た。Y運送会社! これ以上待つのはイヤなので、この会社にお願いすることに決定。(ちなみにP運送会社からは最後まで返事が来ませんでした

TELとメールのやり取りで、船便を使うことになりました。
7月25日に取りに来てもらい、「9月末には手元に到着」予定に。

そして予定通り、9月26日に全ての荷物が自宅に到着♪
真っ暗いダンボール箱でギュウギュウになって船に2ヶ月間揺られてきた【も】(上)も(知らない間に実家に増えていた)もう1人の【も】(下)とご対面~♪

全てのダンボールを開け、ベルギーの部屋がいかに広かったか実感。「これ、全部をどうやって収納しよう…」 山のような荷物を前にちょっとウンザリしてますが、少しずつ片づけなくちゃね~。
運送会社さん、ありがとう。



ベルギー関連で残るは、2010確定申告の返金(されるはず)だけ、になりました

| | 14:52 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

郵便物転送

日本に帰国しても、しばらくは暮らしていたブリュッセルの住所に郵便物が届くはず。日本への転送を依頼することにしました。

まず、郵便局で「DO MY MOVE」という書類をもらいます。2種類のパンフレットを渡されました(写真右上)が、必要なのは左側だけ。これに記入して居住区の郵便局に提出するだけです。

説明も有り、記入は簡単。でも2箇所、日本の「郵便番号」&「電話番号」を記入しようとしたら、

1. 郵便番号が一桁足りない
2. 電話番号も一桁足りない

尋ねると、「はみ出して欄外に書いてくれたら良いのよ」とのこと。結局はコンピュータに載せるだけなので伝われば良いのでした

郵便局に持っていくときに必要なのは「IDカード」。申し込み窓口に行く人のカードだけでなく転送依頼する人数分必要です。コピーでOK。それと70ユーロの依頼費。

後日、確認の手紙が送られてきました。
そして現在、日本暮らし。きちんと転送されています♪

会員カードを返送し、それに対する確認レターを受け取った、というのにナゼか送られ続けているスーパー「デレーズ」と「カルフール」からの広告までも…

この転送サービスは4ヶ月間有効。延長したければ、また70ユーロで可能です。

| | 11:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大型ゴミ回収

ブリュッセルで大型ゴミを捨てるには、ここへ連絡します。

Bruxelles-Propreté
0800.981.81(通話無料)

「フランス語なら1を、フラマン語なら2を押してください」「大型ゴミの回収の予約なら1を…」と録音メッセージが流れるので、1と1を押すと受付オペレーターに繋がりました。

「何をゴミとして出すか」を尋ねられた後、「回収日」「午前or午後」を決めます。こちらから希望日を伝えることが出来たので引越し当日を予約しました。「午前でいいですか?」と言われたのでOKすると、「じゃぁ7:00~14:00に出しておいてください。」 これで予約完了。

さて当日。
「7:00~14:00」に集めに来る、ということだったので早朝からアパート前にゴミの運び出し。予約時に伝えていた物と変更&増加がありましたが、2㎥内の量であれば問題ありません。

8:00。インターフォンが鳴り、エントランスに行くと回収の人が来てくれていました。名前と出してあるゴミを「これですね」と確認され、渡された用紙にサイン。そのコピー(写真右)を受け取りました。

回収車であるトラックには1、2軒のゴミが既に乗っていました。家具はトラックの荷台の奥側、小さめのものは中央、家電は手前、と場所を決めて乗せているようです。「危険だから…」と布団の隙間にドライバー等を挟んでゴミとして出していたのですが、全部取り出して分類し配置していました…手間を増やしてゴメンなさい

あっと言う間に全てのゴミがトラックに載せられ「Au revoir!」と去って行かれました。
私たちはこの利用が初めてで最後になってしまいましたが、6ヶ月に1回の利用ができるそうなので、これまでも利用したら良かったなぁ~。

これでアパートの部屋は完全に空っぽになりました♪



ホームページ上で依頼することも出来るようです。 

≫ Read More

| | 16:38 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電気ガスの解約

我が家は「Electrabel」と契約していました。
「VOO」と同じく、この会社も契約書には「解約するには、解約希望日の1ヶ月以上前に手紙で知らせること」とあります。

やっぱりお世話になったのは「Une-Lettre.com」。このサイトの「GDFの解約」を元に手紙を書き「Electrabel」に送付(普通郵便)。

ちょうど2週間後に返事が送られてきました。(写真)
それによると「インターネットサイトか電話で7日以内に連絡してください。貴方宛てのファイルがあるのでそれを開いて下さい」とのこと。

「Electrabel」には契約者個人のページ「Espace Client」があり、契約情報が載っています。そこにアクセスすると、手紙に書かれていたファイルがありました。開くと三択「既に退居去済」「これから退居」「退居を取り消す」とあり、私は「これから退居」なのでこれをクリック。載っている情報の確認や変更をして「確定」ボタンをクリック…終了♪

そして退居当日。空っぽになった部屋の中で大家さんと一緒にこのサイトを開き、地下のガスメーター室で読んできた我が部屋のメーターの数字etcを記入。後日送られてきた請求書には「clôture(閉鎖)」とあったので、この請求書が最後であることは確かです。手続きがきちんと取られていることにホッとしました。

これをオンラインバンクで支払って終了!
今までお世話になりました♪

| | 20:54 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。